「99.9%除菌」は信用できないって知っていましたか?

スタッフブログ

こんにちは癒し本舗です。
今回は今や生活・会社・店舗でもあらゆる場所で必需品となった「除菌スプレー」についてのお話です。
実は先日Twitter上で話題になっていたのをきっかけに初めて知ったことでした。

99.9%除菌スプレーの正体とは?

ドラッグストアー店員として働く金銀花@登録販売者(@kitasabou)さんのツイート

確かに、この商品のパッケージには「99.9%除菌」と書かれていますが、背面の成分表を見ると「水、ミネラル複合成分、PH調整剤」との表記が。
登録販売者の金銀花@登録販売者(@kitasabou)さんは「ただの水」と表現。これ、どちらが正しいのでしょうか?

悩む人

「除菌」という表現には制限や違反がない!?

除菌という言葉に似たような言葉に殺菌や滅菌、消毒などがりますが、これらの意味を一つずつ確認していきたいと思います。私も今回調べてみて初めて知りました!

殺菌…数や種類は問わず「特定の菌を殺す」作用のあるものに使用できます=効果が限定される。
滅菌…「あらゆる菌をほとんど殺菌する」という意味で、医療機器やガーゼなどに謳われます。
消毒…細菌の活動を弱めることを表し、殺したり除去したりするものではない。

これら3つは医薬品や医療関係で、明確な基準を設けたうえで使われます。

対して「除菌」とは、菌を殺したり除去しなくとも活動を弱めなくても用いることが出来る、すこしあいまいな表現です。
法的な制限もなく、自由に使用できるので医学的・薬学的な効果効能は伴いません。

一説では薬品メーカーが自由に使える宣伝キーワードとして生まれたと言われています。

例えば、流水で手を30秒かけて丁寧に洗うとします。この時、手に付着していた菌はほとんど流れ落ちます。
この場合でも除菌と表現することができ、つまり、❝「ただの水」にも除菌効果があると言える❞のです。

99.9%という数字に込められたワナ。

先ほどただの水にも除菌効果がある、と言いましたが、いったいどれくらいの効果があるのでしょうか?
ある実験結果では「水道水でしっかりと手を洗った場合、99.9%の細菌が減る」との報告があります。

ということは結局、「水には99.9%除菌の効果がある」といっても全く問題はないということになります。
さらには、除菌というワードには使用の制限がないので、仮にそれらに満たされる効果が期待できない場合であっても景品表示法などの違反にはならないというからさらに大変です・・・。

※ 「除菌効果がある」と表示している商品のすべてに効果がないというものではありません。

結局、手の消毒はどうすればいい?

手の清潔を保つためには小まめな手洗いが必須

結論から言うと、定期的にせっけんで手を洗うことが一番重要です。(石鹸は必ずしも薬用せっけんである必要はありません。)
爪ブラシや清潔なタオルも用意してくださいね。
手を洗いましょう!

手より「手が触れるもの」にも注意

手自体が清潔を保てても、増えれるものが不潔では、感染は防げません。
ドアノブや蛇口のハンドル・エレベータのボタンなどの共通で手が触れるもの、スマートフォンやマウスなどの電子機器などもアルコールで清潔に保ちましょう。

「せきエチケット」より「手が口や鼻に触れない」という効果でのマスク着用!

「市販のマスクではウイルスは防げない」「ウイルスの飛沫防止にはマスクが絶対」などと、マスク着用についても議論されています。
実際に空気中に漂うウイルスは水分や砂塵が付着していますのでマスクでのウイルス遮断効果はあると言えます。
しかし、それ以上に重要なのは、無意識のうちに手が口や鼻に触れるのを防げるというのは、知っている人が少ないのではないですか?
そういった意味でも、やはりマスクの着用はベターだと判断しています。


癒し本舗は感染症予防に本気です!

癒し本舗のサービス内容はお客様のもとへ訪問しリラクゼーションを提供することです。
そのため感染拡大防止のための取り組みには、最新の注意を払っています。


全セラピストに、しっかりと消毒・殺菌作用が確認された「G2TAM αプラス」という消毒液を配布&励行しています。
これは医療機関や公共交通機関での消毒にも広く用いられているものです。
また、事務所や待機室での共用部分やスタッフの手の消毒にも使用しています。


感染拡大防止の基本は手洗いから!
みなさん、こまめな手洗い&消毒でコロナウイルスの終息を目指して継続していきましょう。

コロナ渦中、安心・安全の出張マッサージをお探しならぜひ当店をご用命くださいませ。

ご予約・お問い合わせはこちら

コチラもご覧ください。
今、癒し本舗にできることとは。-癒し本舗


※ この記事は医療や薬学的な根拠をもとに記したものではありません。また個人の見解や意見が含まれております。